母乳が出ない!~出産後は授乳の苦悩連続~

子育て

母乳って出産後は普通に出るものだと思っていたし、
妊娠中に通っていた産院の母親教室でもマッサージの方法や授乳することで子宮の戻りがよくなる事など楽しくお勉強してきました。

だから、産後の授乳でこんなに苦労するなんて微塵も考えていなかったのです。

結論から言うと、わたしは完全母乳ではなくかなりミルクメインの混合育児。

もちろん母乳が出なくてもがんばっているママ達はほんとに偉いし尊敬します。
でもなかなか上手くいかなくて、気持ちが落ち込んでいるママ達だって多いと思うのです。

ミルク育児でも最近は理解のある方も増えてきたようですが、まだまだ世間の冷たい一言にママ達のストレスが溜まって産後うつに・・・なんて悲しすぎます。

今母乳が出なくて悩んでいるママに向けて私の授乳経験を書いたので、
少しでも共感して心が軽くなってもらえると嬉しいです。

スポンサーリンク

出産後まもなくの授乳で現実を知る

赤ちゃんを出産後すぐ授乳

待望の赤ちゃんが産まれて感動のご対面~!!
しわくちゃの赤い顔をした赤ちゃんって本当に可愛いですよね。

感動の余韻に浸っている間もなく
看護師さんは「ハイ、母乳をあげてみてね~」と。

急かされて赤ちゃんの小さなお口を持ってくると
まだ上手く吸えないけど、一生懸命吸おうとしている姿が愛らしい。

よし!赤ちゃんも頑張ろうとしているんだから、私も頑張ろう!と思った瞬間でした。

子宮収縮の後陣痛と授乳がツライ・・・

後陣痛ってマイナーではありませんか?
母親教室とかでもあまり聞かなかったし、
どうしてもお産のことばかりにフォーカスしてしまいすよね。

確かにお産の痛さに比べるとアレですが、後陣痛って地味に痛い。
あれだけ大きくなっていた子宮が卵くらいの大きさまでに戻って元通りになろうとする身体のしくみなのでしょうがないのですが。

私の場合ですが、チクチクとしたり生理痛のようにキューンドーンと痛かったりしました。

後陣痛が痛いと看護師さんに訴えると、授乳をすると後陣痛がさらに強くなるかもとの事。
オキシトシンというホルモン物質が出て子宮収縮を促してくれるので
どんどん吸わせてあげてね、とにこやかに言われました。

胸が熱くほてりと張りが出てくる~産後の夜

出産が昼の12時頃。
母乳育児の母子同室が基本の病院でしたが、
産後一日目は母体を休めるため希望があれば新生児室に預けてもよい事になっていました。

赤ちゃんを新生児室に預けてベッドで横になり身体を休めていると・・・

なんだか胸がチクチクとした感じ。
成長期に乳腺が発達するかのようなそんな感じがしました。

すると不思議なことにタイミングよく
看護師が「赤ちゃんが泣いています~」と
赤ちゃんを病室に連れてきてくれるんですよね。

お産を終えたばかりの身体を、引きずるようにしてベッドから身を起こし
まだなかなか出ない母乳を一生懸命飲もうと吸ってくれる我が子。

吸い付くのはとても上手なようで、
ちゅーちゅーちゅーちゅーちゅーちゅーちゅーちゅーちゅーちゅーちゅー・・・・

永遠か!?と思うくらいずっと吸い続けます。
右胸30分・左胸30分の計1時間くらいは余裕です。

この状態を何度か繰り返し、私もさすがに疲れたのでその夜は新生児室預けぐっすり眠る事にしました。

胸がパンパンに張って痛い!

胸がパンパンに張ってガチガチで痛くて寝れないんです。
後陣痛も痛いし胸も熱くて痛いし、もう半泣き状態。

看護師さんに相談すると、赤ちゃんを連れてきてくれました汗

「胸がパンパンに張ってきたのは、母乳がたくさん作られている証拠だから
たくさん赤ちゃんに吸ってもらいましょう」

と言われ、初めての添い乳にチャレンジ

ちっちゃくて柔らかい赤ちゃんを潰さないようにドキドキしながら一晩中授乳

夜中に、さすがにもういいだろうと思って口を話すとギャン泣き
また吸わせる、の繰り返し

吸うのは上手な赤ちゃんなのに母乳が出なくて焦る

翌朝フラフラになりながら赤ちゃんを預け
朝食を食べて少し横になると、またチクチクチクとした胸痛みと張りが出てきました。

看護師さんに母乳が出ない事を相談すると、
赤ちゃんが吸っている様子を一度よく見てもらうことに。

そして一言。

「この赤ちゃん、吸うのめっちゃ上手だな・・・」

吸うのはこんなに一生懸命で上手なのに、
私の母乳がなかなか出てくれないことに焦りを感じはじめました。

胸はパンパンでガチガチ。
母乳を作られているはずなのになぜ出てこないのだろう、と。

激痛の乳管開通マッサージ

胸はガチガチで少しでも触れられるだけでも痛いのですが、
今までたくさんのママ達に母乳が出るマッサージをしてきたという助産婦さんにしてもらうことに。

まず、乳管が詰まってなかなか母乳が外に出てこない可能性があるので
乳管を開通させるためのマッサージ。

母乳が出なくて困っている方は試した人も多いと思うので
簡単に説明すると、

親指・人差し指・中指の3本で乳輪から乳頭までつまんでひねったり。
このやり方で色々な方向から乳頭までつまみながら揉みほぐす。

これが激しく痛い!!激痛!

一回で開通しても、脂っこい食べ物や砂糖がたくさん入った甘いお菓子を食べているとすぐまた詰まってしまうので食べ物にも気を付けましょう。

私は退院するまで毎日一回は助産婦さんがマッサージしてくれたし、
自分でも毎日暇さえあればマッサージしていました。痛いけど。

乳栓が取れて乳管開通すると、プシューと溜まっていた母乳が噴き出す人も多いのだとか。
わたしは残念ながら、何度やってもじわじわ~っと滲む程度でした。

授乳時の抱き方を工夫してみる

授乳をする時の抱っこはほぼ横抱っこ添い乳だったので、
縦抱っこフットボール抱きを教えてもらい
赤ちゃんが一番飲みやすい体制や角度を試してみました。

私は結局横抱っこが一番しっくりくる事が判明。
高さのあるクッションをつかったり、椅子の肘掛けを利用したりしてなるべく身体への負担が軽減されるように工夫しました。

スポンサーリンク

 

 

タイトルとURLをコピーしました