同期のサクラ4話あらすじとネタバレ アンパンの歌が泣ける!蓮太郎に笑顔が!

同期のサクラ ドラマ

同期のサクラ4話は、岡山天音さん演じる土井蓮太郎がメインですね。

いつも少し挙動不審でオドオド…。ネガティブな蓮太郎さく裂します!!

そんな蓮太郎が、サクラや他の同期とどう関わり合い、どのように変化していくのかが楽しみです!

途中、同期のサクラと同じ制作チームの「過保護のカホコ」のいとちゃんが出演されて話題になったり、アンパンの歌を口ずさむメンバーを見ていたら泣ける!と何かと話題の多い回でした。

では、同期のサクラ4話のあらすじとネタバレをどうぞ!

スポンサーリンク

同期のサクラ&過保護のカホコを見逃した人も無料で視聴する方法↓↓

同期のサクラ4話あらすじとネタバレ~自分の殻に閉じこもっていた蓮太郎がサクラとの思い出を語る

2019年夏

昏睡状態に陥ってからすでに3か月たつサクラの病室を訪れる土井蓮太郎(岡山天音)。

やっとサクラに認めてもらえるような建物のデザインが出来たから、早く目を覚ましてくれよと祈る姿が…

おどおどして、いつも自分に自信がなかった自分を変えてくれたサクラとの4年前の出来事を語り掛けます。

そして、サクラに与えてしまった手の傷のことも…

チェロを抱えた「過保護のカホコ」いとちゃんと遭遇するサクラ!!

2012年9月

やっと人事に戻る事が出来たサクラ。

震災対応の影響で、島に掛かる橋の着工も延期になってしまいました。

 

お隣さんの脇田カップル夫婦は無事に赤ちゃんが産まれ、毎日お世話に追われています。夫婦の言い争いは絶えませんが、脇田新米パパ(草川拓弥)はスーツ姿で仕事もきちんとしているようです。

 

毎朝出勤途中に建物の写真を撮るサクラは、大きな楽器を抱え耳にイヤホン姿の音大生がカギを落としたのに気が付きます。

これはナント!!過保護のカホコのいとちゃん、こと久保田紗友さんとの遭遇でした!!同期のサクラは過保護のカホコの制作チームが再集結して制作しているので、こういった演出は嬉しいですね!

ちなみにこの落とした鍵も、チェロのチャームになっています。

スポンサーリンク

1年ぶりに人事部に戻ったサクラは、メンタルヘルスケアプロジェクトの担当に

同期のサクラ3話で、クライアントを怒らせた件で社史編纂室に1年間行かされていたサクラですが、やっと人事部に戻ってくる事ができました。

人事部長の黒川(椎名桔平)は、そんなサクラに「メンタルヘルスケアプロジェクト」の担当になってくれと頼みます。

未提出者には口頭でいいから提出するように火野すみれ(相武紗季)に言われたサクラは早速各部署にいる同期の元を訪れます。

都市開発部の木島葵(新田真剣佑)の場合

都市開発部の木島葵(新田真剣佑)は相変わらずベイサイドエリアの開発プロジェクトで充実した毎日の様子。たまに夜寝れない時があるらしいが、理由は「俺が社長になったらどうしよう!」という理由でした…

営業部の清水菊夫(竜星涼)の場合

営業部の清水菊夫(竜星涼)は、今の仕事が合っているかどうかという質問に対して「微妙かな」と答えます。

震災対応で応援に行った後も、時々ボランティアで東北を訪れていた菊夫。今までとは考えが少し変化し、困っている人を助けるだけではなく、自分から何か行動を起こしたいと考えるようになっていました。

色々相談に乗って欲しいと言って、思い切ってサクラを食事に誘います。

OKをもらった菊夫は思わずガッツポーズをしますが、「同期なので」とサクラに言われてしまいます。

「プライベートで気になる人がいて…」と、それとなくサクラに伝えてみるも、本人に気持ちを直接聞いてみたらどうか?何なら自分が聞こうか?と言われてしまい、またしても玉砕し、がっくりする菊夫…

広報部の月村百合(橋本愛)の場合

次に広報部を訪れたサクラ。月村百合(橋本愛)に「相談する人はいますか?」というチェック項目の質問を投げかけます。すると百合は「いるわよ、目の前に」と。

いつもは無表情なサクラですが、一瞬驚きますが思わず顔がほころんでしまい嬉しそう。「恐縮です」と言ってまた質問を続けます。

仕事にやりがいがあるか?という問いに対しても、今までの百合とは違い、仕事にきちんと向き合って前向きにテキパキとこなしています。そんな百合を見て、サクラは「百合は将来社長になるかも知れないと思いました」と言います。

設計部の土井蓮太郎(岡山天音)の場合

最後に設計部を訪れたサクラは土井蓮太郎(岡山天音)に質問していきますが、イライラしている様子で、職場の人達とも上手くいってないようでした。

どうやら一級建築士の試験に今年も落ちてしまったらしく、職場でも少しバカにされている雰囲気が…

苛立つ蓮太郎にお昼にラーメン屋さんに一緒に行かないか誘うサクラでしたが、「ラーメンだけは絶対嫌だから」と言います…

 

その理由は、蓮太郎の実家がラーメン屋を営んでいるからでした。

家に帰った蓮太郎は、営業時間が過ぎても注文の電話が入るとよろこんで注文を受ける両親や、夜遅くの出前を快く手伝う弟の姿に更に苛立ちが隠せない様子。

自室で持ち帰った仕事も手に付かず、いつもネットに会社や家族の愚痴を書き散らかしています。

スポンサーリンク

蓮太郎にアンケートを提出するよう伝えるサクラだが…

次の日会社のエントランスに蓮太郎を待ち伏せしているサクラの姿が。その後百合や葵も集まり、蓮太郎の噂話をはじめます。

葵は、一級建築士にまた落ちた蓮太郎のことを半ば面白がるように「あいつ、大丈夫かぁ~?」と言っています。

サクラは何度電話を掛けても出てくれないので、百合が電話してくれないか頼みますが、「前に『好き』と言われたので勘違いされたら困る…」と言って断ります。

そんな3人のやり取りを影から見ていた蓮太郎ですが、菊夫に発見され大声で呼ばれてしまい結局早くアンケートを提出するようサクラにつかまってしまいます。

他のメンバーの態度を見ていた蓮太郎は、「百合に好きと言ったのは冗談だし、それに今日ある社内コンペは結構自身あるんだ、俺」といって立ち去ります。

少しおかしな様子に心配する一同…

自信を持って挑んだ社内コンペ…ブチ切れた蓮太郎は!

社内コンペの資料をギリギリの時間までこだわり抜いて完成させる蓮太郎。急いで会議室に向かいましたが、そこはもぬけの殻…

一瞬意味が分からない蓮太郎は、上司に電話を掛けます。

すると、なんと社内コンペの始まる時間は2時間早くなっており、すでに終わっているとの事!!

愕然としたまま設計部に戻る途中、またサクラと会います。そして設計部の入り口にいると、中から上司や職場の人達の会話が…

なんと、上司がわざと蓮太郎に本当の時間を伝えなかったという事が判明!!

怒り狂った感情を押さえられない蓮太郎は、近くにあったカッターを持ち出し、設計部の中へ入っていこうとします。

取り返しのつかないことになる!と止めに入るサクラの手を、誤ってカッターで傷を負わせてしまいます。

人事部に戻り、火野に手当してもらうサクラは理由を聞かれても口をパクパクさせてしまい、嘘は付けないのでノーコメントで、とお願いします。

スポンサーリンク

蓮太郎の社内コンペの建物にダメ出しするサクラ

蓮太郎の実家のラーメン屋を訪れたサクラ。

家族は「もう会社には行かない」と言って自室へこもった蓮太郎のことを心配している様子。

蓮太郎の自室の扉をノックするとゆっくりと扉が開き、手のケガは大丈夫なのか聞きます。

「5針縫ったけど大丈夫です」と答えるサクラ。バツが悪そうな蓮太郎は、一応部屋で話すことに。

蓮太郎の部屋の中は、建物の模型がたくさん置いてあり…

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

日本テレビ「同期のサクラ」(@douki_sakura)がシェアした投稿

サクラは「会社には来てください」とお願いするも、蓮太郎は「転職しようと思う」と言ってペラペラと他の業界のことについて話し出します。しかし、難しい横文字に付いていけないサクラは必死にメモを取ろうとします…

 

もう会社は辞める!と言ってきかない蓮太郎にサクラは、「社内コンペの資料をみせてください」と頼みます。

蓮太郎が考えた商業施設に、「これはイイ!」と言うサクラ。思わずにんまりする蓮太郎でしたが、続けてサクラはダメ出しもたっぷりして…

そんなサクラを部屋から無理やり追い出そうとします。

仲間なんだし、なんでも相談してくださいと言うサクラでしたが、蓮太郎は「仲間なんていなくたっていいんだよ!」と言って扉を閉めてしまいます。

クビになる事を心配したサクラ・百合・葵・菊夫は蓮太郎を説得するが…

何日も無断欠勤の続く蓮太郎のことを、人事部の黒川を心配している様子。これが続いたらクビだぞと言われます。

サクラは同期のメンバーにお願いし、会社に来るよう蓮太郎に一緒に説得してくれと頼みます。そして、サクラ達は蓮太郎の部屋の前でそれぞれ説得しますが上手くいきません。

菊夫や百合が話しかけても、メールでネガティブな返事をしてくる始末。おまけに葵には、やっと扉が開いたものの「お前のことが一番嫌いなんだよ、いつも偉そうに」と言ってまた扉を閉めてしまいます。

ついにサクラがネガティブな蓮太郎にブチ切れ!!!

最後にサクラは、明日会社に来ないとクビになってしまう事を伝えます。

みんなも本当に蓮太郎のことを心配している仲間だから今日ここに来たことを伝えますが、「そういう青春ごっこみたいなことはもう辞めてくれ」と返してきます。

そしてどうせ俺には才能がない、何やってもダメだ、どうせ地球はもうなくなるんだ…と超ネガティブになってますます塞ぎ込む蓮太郎。呆れる一同…

それでもサクラは新人研修の時、蓮太郎が何度も設計図を描いてくれたことに対し

「蓮太郎君には才能があります!」と言います。

 

伊能忠敬は55才になってから日本地図を作ったことや、やなせたかしも50代になってからアンパンマンを描き始めたことを例に出して…

遅咲きでもいいじゃないかと一生懸命伝えますが、蓮太郎は「もう設計辞めるから」と言って、社内コンペ用だった商業施設の企画書をぐしゃぐしゃに丸めたモノを投げつけます。

それを拾い上げたサクラは静かにブチ切れ!!

「あ~そうですか、了解で~す全然大丈夫でーす。じゃあごきげんよう、さようなら」と蓮太郎を見捨てるセリフを吐き捨て去ってしまいます。驚く葵と菊夫、百合。

蓮太郎にひどいことを言ってしまったサクラはじぃちゃんからのFaxを受け取り…

蓮太郎に酷いことを言ってしまったサクラは自己嫌悪に陥りながら、じぃちゃんにFaxを送ります。するとじぃちゃんから返信が…

「その若造ムカつく

でもお前まで自分を自分を嫌いになってどうする?

辛い時こそ、自分の長所を見失うな。」

必死のサクラと同期の優しさに態度を変化させる蓮太郎

次の日、設計部に殴り込みに行くサクラ。

それを百合からの電話で知った蓮太郎は急いで会社に向かいます。

 

設計部ではサクラが部長に、社内コンペで提出するはずだった商業施設の企画書を見てくれるように頼んでいる所でした。

実はこの商業施設の企画書は、以前サクラがダメ出しした箇所をこっそり蓮太郎が手直ししていたのです。

そしてさらに百合・菊夫・葵によってデザイン性や利便性、キャッチフレーズなどが付け加えられ、素晴らしい出来栄えになっていたのです。

しかし聞く耳を持たない設計部の部長は、サクラを追い出そうとします。それを見ていた蓮太郎は思わず中に入っていき…

何か文句あるのか?と上司に問われましたが、

「今まで…本当に…申し訳ありませんでした!!」と頭を下げます。

今まで上手くいかないと全部周りのせいにし、誰も自分を分かってくれないと殻に閉じこもっていたと言い、これからは何があっても諦めないし、人のせいにはしない事を宣言します。

いつか同期のサクラに認めてもらえるような建物を造りたいと…

「また一緒に働かせてください!」とお願いする蓮太郎。

スポンサーリンク

絆が深まった同期5人はアンパンマンの歌を歌う!

蓮太郎は同期メンバーに少し照れながら、ありがとうと伝えます。そして堂々と胸を張って真ん中を歩けと菊夫や葵に促されます。

そして、仲間たちとアンパンマンの歌を歌いながら、自信を励ますのでした…

 

アンパンマンの歌♪

『もし自信をなくして

くじけそうになったら

いいことだけ いいことだけ

思い出せ』

蓮太郎の両親の仕事に対する熱意をサクラから聞かされた蓮太郎

何度も蓮太郎の家に足を運んでいるうちに、蓮太郎の両親のラーメン屋さんのファンになってしまったサクラ。

そこへ帰宅した蓮太郎は、サクラがいることに一瞬びっくりしますが、自分も一緒にラーメンを食べようかな…と言い出します。驚きを隠し切れない両親は嬉しさ一杯でラーメンを差し出します。

蓮太郎は「ウマい」と言い、サクラは蓮太郎の両親がお客さんが少しでも幸せな気持ちになるようにラーメンを作っていることを伝えます。

建物の方が人々に幸せを与えられると思いあがっていた自分を恥じたとも。それを聞いた蓮太郎も、同じく胸が締め付けられる思いがしたのでした…

 

 

サクラはいつものように着々と仕事をこなし、アンケート回収も終わりました。蓮太郎のアンケートの「相談する人はいますか?」には「はい」の回答が…

職場の人とも不器用ながらも、なんとか溶け込めるように日々がんばる蓮太郎。

そして人事部長の黒川から、衝撃の一言が…

「実咲島の橋の件は、事実上中止となった」と!!

スポンサーリンク

同期のサクラ5話は、新田真剣佑さん演じる葵がサクラとキス!!?自身満々に見えて本当は弱気な葵の心が、サクラによって変化を及ぼして…

タイトルとURLをコピーしました