同期のサクラ6話新田真剣佑演じる葵がサクラに好きと言えず尊すぎ!

同期のサクラ ドラマ

同期のサクラ5話で、サクラのことが気になりはじめた新田真剣佑さん演じる葵が6話では本気の片思いモードに突入!

葵よりももっと前からサクラのことが好きだった竜星涼さん演じる菊夫は、蓮太郎(岡山天音)からそのことを聞かされ…

葵と菊夫の二人に好意を寄せられるサクラは、もちろんそんな事は気にもせず通常運転ですが、この後どんな展開になっていくのか楽しみですね!

同期のサクラ6話は、相武紗季さん演じる火野すみれと、粟野咲莉(あわのさり)ちゃん演じる、すみれの子どもつくしの親子愛がじんわりと心に響く回に。

粟野咲莉ちゃんはNHKの朝ドラ「なつぞら」でヒロインの幼少期を演じた実力派

今回は、シングルマザーとなったすみれの仕事の様子を見て反抗的な態度をとる娘役を演じる粟野咲莉ちゃん。

すみれの娘つくしを少しの間預かることになったサクラの部屋に、葵・菊夫・蓮太郎が大集合!和気あいあいとゲームをする姿も見ていて楽しいです!

つくしちゃんに「蓮太郎~」と呼びつけされてなつかれているのもイイですね~。

今まで見逃した人も、同期のサクラ全話を無料視聴した人はこちら↓↓

新田真剣佑演じる葵が、高畑充希演じるサクラの合コン話に動揺している姿が可愛い!!

都市開発部から土木部に異動した葵はイキイキとしていて、1年前のあの出来事からずっとサクラの事が気になっている様子。

葵がサクラを好きになった出来事はこちら↓↓

そんな中、子会社に異動になったサクラを心配して百合が合コン話を持ち掛けます。それをたまたま耳にした葵はソワソワ…

気が気じゃありません!!(可愛すぎ!)

そんな様子に気付いた蓮太郎は、菊夫にそのことを伝えると大慌て!!

葵と菊夫がサクラのことを思って、お互いソワソワしている姿が可愛いいです。

スポンサーリンク

葵(新田真剣佑)・菊夫(竜星涼)・蓮太郎(岡山天音)がサクラの部屋に大集合!!ゲームで盛り上がるもお隣さんからクレームが…

相武紗季さん演じるすみれの子ども、つくしをサクラが少しの間預かることに。

ゲームをやろうと誘われますが、サクラがあまりに下手なのでつくしに愛想をつかされてしまいます。

困ったサクラは、蓮太郎に電話をして部屋に来てもらうようお願いします。

蓮太郎と居合わせた、サクラの事で頭がいっぱいの葵と菊夫は「なんでサクラがお前に電話してくるんだよ!?」とまたまた動揺。

結局みんなで仲良くサクラの部屋に集合して、つくしと一緒にゲームを楽しみますが…

お隣さんの脇田夫婦(草川拓弥と大野いと)から、「子どもが寝れないから静かにしてくれ」とクレームがきてしまいます。

謝るサクラを見た蓮太郎たちは帰ろうとしますが、すみれの子どものつくしは「蓮太郎~!」と呼びつけし、まだ帰っちゃヤダと駄々をこねます。

この時の蓮太郎の顔…まんざらでもなさそう…。

同期のサクラ6話の感想

同期のサクラ6話は、シングルマザーとなったすみれが子育てをしながら、女手一つで仕事を続けていくことの難しさが伝わってくる内容でした。

いつも控えめなすみれが、今回はサクラがモノ申す前に先頭に立って意見したのは見ていてスカッとします!

でもこの事があってから、すみれは人事部から社史編纂室に異動になってしまい…

サクラも「橋は架からない。お前の夢は叶わない」なんていうじーちゃんからのFaxを貰う不吉な夢をみてしまったり…

今後の展開に暗雲が立ち込めているようで、続きが気になります。

それにしても、新田真剣佑さんも竜星涼さんも本当にかっこいい!!そんな二人に想われるサクラがうらやましすぎますよね。

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました