同期のサクラ7話高畑充希演じるサクラが崩壊!辛過ぎて泣ける!!ネタバレとあらすじ

同期のサクラ ドラマ

同期のサクラ7話は、予告にもあったように辛そうな回になりそうな予感でしたが、見事に的中!しましたね。

「見ているのがツラすぎ!!」「めっちゃ泣いた!!」という人が大勢いた同期のサクラ7話。

完全ネタバレで内容を振り返りたいと思います!

スポンサーリンク

2019年11月サクラの病室を訪れる元人事部長の椎名桔平演じる黒川

渋さを増した椎名桔平演じる黒川が、サクラの病室を訪れます。

実咲島へ架ける橋の工事の住民説明会のお願いをサクラに頼んだことから、こうなってしまった…と意味深な発言。

サクラの病室に来て思い出を語るということは、サクラとの関係も良好な状態だと思いきや、手にしているのは…

なんと、、、解雇通知書!!!

スポンサーリンク

桑原が工事内容を改ざん!島民に嘘の内容で説明するようサクラに強要する

2015年11月子会社に出向して働いているサクラに、本社から元上司の黒川より電話が入ります。

その要件とは、サクラの故郷実咲島に掛かる橋の工事内容について住民説明会をするのでサクラの口から説明して安心させて欲しいというもの。

工事内容に不安を持っている住民達に、国の基準はちゃんと満たしているから大丈だと言ってくれという事でした。

ちなみに、元人事部長の黒川は黒川常務になり昇進。

その場に居合わせた土木の担当役員は桑原でした。

桑原といえば、同期のサクラ2話で竜星涼さん演じる菊夫に思いっきりパワハラしていたあの嫌な上司!

営業部から土木部に異動になっていたので、橋の建設には関わって来る人物…

結局この桑原は、自分と同期の黒川の昇進に焦って橋の工事内容を改ざんして早く結果を出したいと画策していた様子。

蓮太郎(岡山天音)が、すみれ(相武紗季)と付き合っていた!

いつものように「喫茶リクエスト」に集まり、サクラが任された住民説明会の事で話し合う同期たち。

そんな中、蓮太郎が「実は付き合っている人がいる」と打ち明けます。

「実は今日その人をここへ呼んでいるんだ…」

と言ったところでタイミングよく入ってきたのは、すみれの子「つくし」!!必死にやめるよう説得し始めた菊夫や百合たちでしたが…

その後に店に入ってきた人物とは、人事部の火野すみれ(相武紗季)でした!

驚く一同でしたが、サクラはとても喜んでいる様子。

同期のサクラ6話でも、すみれの子ども、つくしちゃんにすごくなつかれていましたよね!

ちなみに、蓮太郎とすみれがどのように付き合う事になったのかの馴れ初めがHuluで見れます。

スポンサーリンク

サクラと一緒に実咲島へ行く葵・菊夫・百合・蓮太郎

葵・菊夫・蓮太郎・百合もサクラと一緒に実咲島へ行くことに…

島に着き、顔なじみの島民たちと話すサクラはイキイキとしています。

そんなサクラを見守る同期たちの顔が…みんな素敵!!

じぃちゃんのコロッケを食べながらお互いのモノマネ大会がはじまる!

サクラの実家で、じぃちゃんにコロッケをご馳走になる同期たち。

不愛想なじぃちゃんは、みんなの話が聞きたいと言います。

そして今までサクラとどんな風に関わり合ってきたのか、口調を真似て再現し合います!

百合のサクラの真似が上手すぎて笑えます!

スポンサーリンク

不愛想なじぃちゃんが葵・菊夫・百合・蓮太郎にサクラをよろしくと土下座

不愛想なじぃちゃんは、サクラに用を頼み席を外している間に同期たちに「サクラをよろしくお願いします」と土下座します。

もう老い先短いと悟っているじぃちゃんの、サクラへの強い思いが感じられて泣けてきますね。

サクラだけ流れ星が見えず…願いが叶わない事の暗示なのか…?

じぃちゃん家の縁側に座り、星空を眺めていると流れ星が…

百合たちは見えたようですが、なぜかサクラだけ見えませんでした。

ずっと浮かない顔の葵が橋の着工の問題点をサクラに伝える

島についてからどことなく思いつめたような顔をしていた葵は、この事が気になってサクラに伝えるべきかどうか悩んでいたのですね。

サクラの夢である「ふるさとの島に橋を架けること」を叶えてあげたい。でもこの工事内容では、安全面に不安がある…と。

土木部担当役員の桑原にこの事を伝えるも、

「おまえも大人になれ。もし住民説明会が上手くいけば土木部に異動させてやる、さもなくば…どうなるかわかってるんだろうな」と、パワハラ全開。

島の人達の長年の夢でもあり、自分の夢でもあった「橋を架ける」ことをこのままの状態で続けてしまっていいのか葛藤するサクラ。

思い悩んだサクラはじぃちゃんに、大人になるってどういう事なのか?と問いかけます。

するとじぃちゃんは「大人になる必要なんてない」と返します。

葵がサクラに「俺はお前が好きだ」と告白

島のみんなに嘘をついてこのまま話を進めてしまってもいいのか迷うサクラ。

そんなサクラを百合は、「どうしてサクラばっかりこんな酷いこと…」と言って抱きしめます。

葵は最後まで悩んでいるサクラに、「俺はお前が好きだ」と伝えます。

その後に慌てたように続けて、「仲間として。尊敬している」

「お前が決めたことなら、俺は全力で応援する」と。

菊夫は、「サクラにどんな事があっても桑原にガツンと言ってやる!」と言いサクラを励まします。

その後に、「あんま…自信ないけど…」とちょっと頼りなさげですが…

蓮太郎はすみれからの電話をサクラつなぎ、すみれから「自分だけで抱え込まずに同期達を頼って」と励ましの言葉をかけられます。

そしていよいよ住民説明会がはじまり…

スポンサーリンク

桑原が島民たちに「嘘っぽい」と大ブーイング!!

はじめに登壇に上がった土木担当役員の桑原は、島の住民たちに橋の安全性を訴えはじめましたが…

どことなく胡散臭い桑原の話し方は、島民たちの不信感を余計に買ってしまいます。

島の住民たちは、サクラが大丈夫って言ってくれるなら信用するといっており、桑原もさっさとサクラに説明させて話を進めたい様子。

こんな大規模な工事の説明ですが、桑原はサクラに丸投げなんて酷すぎますね。

登壇に上がったサクラは、花村建設に入社した頃の自分の夢と今の思いを重ね合わせて話をしていきます。

そして…

「この島に橋は架かりません!」と言い切ります。

そして安全性で問題がある点を述べ、そのような橋をこの島に架けることはしてはいけないことだと主張。

勇気を振り絞って島民に伝えたサクラを、同期たちは見守っています。

それを聞いた桑原の怒りは頂点に達し…

「こんな事してどうなるか分かってんだろうな…?もううちの会社にも居られないぞ、お前」と圧力をかけてきます。

そこへ菊夫くんが登場!!

菊夫が…言ってくれました!!

あの、かつて自分もパワハラにあっていた桑原に!!

家に帰ったサクラが見たものは、じぃちゃんの冷たくなった亡骸だった…!!

朝は元気だったじぃちゃんが…!!

すでに冷たくなったじぃちゃんを必死で起そうとするサクラが辛すぎる!!

そして…

東京の一人暮らしをする自分の部屋に戻ったサクラは、じぃちゃんからのFAXが届いていることに気が付きます!

なくなる前にサクラにFAXしていたんですね。

そしてサクラは、衝動的にじぃちゃんにこう綴りFAXを送ります。

「サクラはこれからどうすればいい?じぃちゃんに会いてぇ。じぃちゃんの作ったコロッケが食べてぇ」

急いでFAXを送るサクラ。

そしてじっとFAXを見つめ、じぃちゃんからの返事を待ちますが…

返事はありません。

サクラの中で何かがプチっと音を立てて切れたのでしょう。

FAXを持ち上げ床に思い切り投げつけます。そして今まで大事にとっておいたじぃちゃんのFAXもビリビリに壁からはがし、部屋の中もめちゃくちゃにして暴れます。

自暴自棄になったサクラは…

会社にも行かず、部屋に閉じこもりきりになったサクラを心配して百合が様子を見に来ます。

ドアノブに手を掛けると、鍵は開いており声をかけながら中へ入る百合。

そこには呆然と座り込んでいるサクラの姿が…

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました