同期のサクラ2話あらすじとネタバレ菊夫がサクラにお尻を叩かれる!

同期のサクラ ドラマ

同期のサクラ第2話予告でも、菊夫がサクラに思いっきりお尻を叩かれているシーンが衝撃的でしたよね!

そんな2話は、菊夫君がメインの回のお話です。

学生の頃から応援団をしていた菊夫は、自分の事になると無理をしてばかりいて…

サクラが人事部にいることで、また何か起こりそうな予感。

それでは、同期のサクラ第2話のあらすじをどうぞ!

スポンサーリンク

同期のサクラを無料視聴したい人はこちら↓↓

同期のサクラ2話あらすじとネタバレ~サクラが菊夫にお尻をたたき喝!!~

昏睡状態のサクラの病室に一人訪れる清水菊夫(竜星涼)

手には菊夫とサクラ、そして現場の職人さん達と一緒に撮った1枚の写真を持ちながら話し掛けます…

目を覚ましてくれることを祈りながら…

2010年5月入社2年目のサクラ

入社2年目になったサクラは、入社当時と変わらず規則正しい生活をしています。

アパートのお隣さんカップルは、どうやら子どもが出来たようで、朝からひと悶着起しています。

残業時間を減らすようにサクラと火野が各部署を回ることに

人事部では、会社の方針で今後は残業を減らすようにという通達を受けます。

火野すみれ(相武紗季)は、そんなの営業部や現場に言ったって無理だと主張します。

しかし営業部長の黒川は、火野とサクラで各部署を回って説得するよう指示。

サクラは自分は残業は決して悪いことではないと思う、どうして残業してはいけないのか?と質問します。そんなサクラに黒川は丁寧に状況を説明し、サクラも納得するのでした。

今までのサクラの言動に振り回されてきた火野の不安は募るばかり…

 

各部署を回る前に、決して余計なことを言わないように釘を刺す火野。

葵のいる都市開発部、百合のいる広報部など回ります。

葵は社長を目指して出世街道まっしぐら。

百合は、どうせ男社会だから重要な仕事なんて任せてもらえないと愚痴をこぼします。

蓮太郎のいる建築部に行ったサクラは、壁に掛かっている橋の写真を見つけます。これはサクラの故郷に掛かる実咲島と本土を結ぶ橋のモデルだということが判明。

しかし、以前同期の仲間と作った橋のイメージとはほど遠く、そんな気持ちを建築部の社内で言ってしまいます。気まずそうな蓮太郎ですが、自分もイメージと違うことを何度も伝えたけど、入社2年目の意見なんて聞いてくれないんだよ…と。

 

次に火野と一緒に営業部を訪れるサクラ。そこには書類が山積みになり、怖そうな上司に咤激励され忙しく働く菊夫の姿が。

そんな菊夫に上司は、今担当を受け持っている現場の納期を1か月早めるように指示します。

現場にも「菊ちゃん」と呼ばれ可愛がってもらっている菊夫。

今だってかなり苦しい状態だという事を伝えますが、大手ゼネコンが下請けの気持ちなんて考えてたら営業にならないんだよ!と叱り飛ばします。

憂鬱な気持ちのまま現場にお願いしに行くも、やはりこれ以上は無理と言われてしまい…

スポンサーリンク

菊夫の残業時間を減らすようお願いするサクラ

暗い気持ちのまま喫茶リクエストに向かう菊夫。

そこには他の同期メンバー達もそれぞれの仕事を終え夕食をとっている所でした。

相当まいっている様子の菊夫に、葵や百合蓮太郎は「あの営業部長のせいで辞めたやつ結構いるよ」など、他の部署でもすこぶる評判の悪いと言います。

けれども菊夫は、大学時代の先輩で可愛がってもらってるし、やっぱり営業力が凄い人だと思う、と悪口は言いません。

サクラはその場では何も言わずに帰宅しますが、やはり相当ストレスをため込んでいる菊夫を心配。じぃちゃんにもその旨をFaxします。

実咲島に住むじぃちゃんのFax音が鳴り、立ち上がろうとした時、心臓を押さえうずくまるじぃちゃん!なんとか収まるものの、今後が不安な様子…

 

人事部長の黒川は、営業部だけ残業時間が全く減らないことに頭を抱えています。その中でも特に菊夫の残業時間は酷く、これを改善してもらえるように営業部長へお願いしてきてくれと火野に頼みます。

火野も営業部長は苦手なので、人事部長である黒川が行った方がいいのではないか?と言いますが、黒川もまた菊夫の上司の営業部長が苦手との事。

だれがお願いするか困っている所に現れたのは、サクラ!

不安ながらもお願いする二人なのでした。

 

営業部へ行ったサクラは、さっそく営業部長の元へ。

単刀直入に菊夫の残業時間を減らすようお願いします。

しかし案の定相手にされません。サクラは、そんなに出来ないのであれば社長や役員に言ってくれと言います。

それにブチ切れた営業部長は人事部へ乗り込みます…

 

慌てふためく人事部署でしたが、黒川部長がなんとかその場を丸く収めてくれます。しかし、営業部には二度と顔を出すなよ!と釘をさされます。

毎日疲れ切った様子の菊夫。

夜遅く帰ったアパートの一室は荒れていました。携帯の留守電には熊本の実家から仕送りありがとうのメッセージが…

そしてまた上司から呼び出しの電話が掛かってきてしまいます。

 

毎日ゆっくり寝る暇もなく、会社の社員食堂でウトウトとしていると目の前にサクラが座ります。ごはんが山盛り一杯のサクラに「大丈夫ですか?」と心配されるも、力なく笑い席を立ちます。

 

そんな菊夫がやっぱり心配で、会社のエントランスで待ち伏せするサクラ。

菊夫を連れてやって来る営業部長に「これ以上残業させて、菊夫君が体調を崩したりしたら管理責任を問われることになりますが、その覚悟はおありですか?」と伝えます。

怒りをあらわにする営業部長でしたが、菊夫に「俺かその同期かどっちか選べ」と言われます。

自分のために言ってくれているサクラと、大学の先輩でもあり上司である営業部長との間で苦悩する菊夫でしたが、意を決してサクラには「俺は大丈夫だから」と言って去っていきます。

 

無理をして頑張っていることに何もしてあげられないもどかしさを感じるサクラに、じぃちゃんからのFaxが届きます。

「大人になれ」とみんなから言われるサクラでしたが、その大人とはどんな事を言うのかという問いに答えてくれたのでした。

 

「大人になるというのは、自分の弱さを知ること・・・だと思う」(じぃちゃん)

 

Faxを読んでいると、人事部の火野からサクラの携帯に着信が。

なんと、菊夫が倒れたとの連絡でした!

過労で倒れる菊夫の元を訪ねるサクラに弱さを見せる菊夫

病室で寝ている菊夫は、サクラが自分の担当の図書館の企画書を読んでいる紙をめくる音で目覚めます。

「ひじょーにイイ」と言いながら好奇心に満ち溢れた目で目を通すサクラに、本当は土木志望だったのに人事になってしまって嫌じゃないのか訪ねます。

するとサクラは、今は人事で良かったと。各部署がそれぞれ会社を支え合っている仲間という事が分かったからという理由でした。

今でも建物に対する情熱や、仲間に対する愛情、夢と希望を持っているサクラに、菊夫は今の自分との落差を感じてしまい、思わず涙をこぼしてしまいます。

毎月仕送りもし、実家の家族のために家を建てたいという夢があったけど、今の自分は心身ともにボロボロで一体何をやっているのか意味を見出せなくなってしまった菊夫。

サクラにどうしたらいいのか?助けを求めます。

そんなサクラはしばらく無言で考えるも、今はいいことを言えそうにないと言って帰ろうとします。

最後に一言だけと言って立ち止まるサクラ。

自分の弱さを認められるようになった今の菊夫は、前より少し大人になったのではないか、と言います。

仲間を応援する菊夫を凄いと思うけれど、今必要なのは自分自身を応援することなのではないかと伝えるサクラ。

「自分のお尻を叩いてあげるのは、菊夫君だけだと思います。」と言われ、ハッとした表情の菊夫でしたが、サクラが帰ったあと泣きじゃくるのでした。

スポンサーリンク

サクラにお尻を叩いてもらい、勇気をもらった菊夫は自分の考えを伝えることに!

次の日の朝、菊夫は「営業部長に自分の考えをきちんと話す」という事をサクラにメールしてきます。

心配したサクラと同期メンバーは、営業部の入り口でオロオロしている菊夫を発見。

菊夫はサクラに、自分のお尻を叩いてくれないかとお願いします。

 

バシッ!!!

 

と、思い切りお尻を叩かれた菊夫は、緊張の糸がほどけ勇んで営業部の中へ。

しかし高圧的な態度の営業部長にやはりたじろいでしまいます。

 

営業部長は菊夫に、担当している工事の納期を土下座してでも早めて来い!と命令しますが、部長のやり方にはもうついていけない事を伝えます。

同期のサクラに出会った事で、自分のやり方で自分にしか出来ない仕事をしたい!と。

反発してきた菊夫に対し、営業部長は「おまえなんてどうにでもなるんだからな」と圧をかけてきます。

そこへ菊夫の担当現場から、水道管が破裂したとの電話が!!

急いで現場へ向かう菊夫の後を追うサクラなのでした。

担当現場で汗を流す菊夫。なんとか納期を短縮してもらえることに…

現場ではスーツ姿のまま泥だらけになって職人さん達と働く菊夫に、サクラがコロッケの差し入れを持ってきます。

一生懸命な菊夫を見た下請け会社は、なんとか納期を早めてくれることを承諾してくれます。サクラは菊夫に笑顔を見せ笑い合う二人を見た職人さん達は、菊夫の彼女なのかとからかいます。

そんな時でもマイペースなサクラは、「皆さんで一緒に写真を撮りましょう」と言って現場のみんなと写真を撮ります。

 

この時のことを振り返る菊夫。

お尻を叩かれた時は、本当に力が強くて痛かったと懐かしそうに笑います。今はあの時よりもっともっと自分にしか出来ない事をやっているから、目を覚ましてくれよと悲しそうに語り掛けます。

 

黒川にいいニュースと悪いニュースがあると言われたサクラ

桑原営業部長が営業部から移動になり、土木部の担当役員になったとの事でした。

菊夫は桑原が移動した事でもう虐められることはなくなりましたが、サクラは「絶対に土木部には来させない」と桑原に圧力をかけられます。

一瞬固まるサクラでしたが、桑原の香水の匂いがきつ過ぎると一喝!!マイペースにその場を立ち去ります。

スポンサーリンク

同期のサクラ3話は、菊夫がサクラに密かな思いを寄せていてそれとなくアプローチしていきますが…。そして、百合とサクラが大ゲンカ!!サクラが「ブス!」を連呼し、百合が大激怒!の激しい回となっています!!

タイトルとURLをコピーしました