マット(Matt)が高校時代に通学方法で先生に怒られてしまった事とは?

マットが桑田真澄に子どもの頃与えられた変わったモノとは!? エンタメ

桑田真澄さんの息子さんで、TVでもすっかりおなじみになったマット(Matt)さん。

数々のセレブでリッチな生活を暴露されてきましたが、今回はマットさんが高校時代の時に当たり前だと思っていた事が凡人とかけ離れ過ぎていてビックリ!!

スポンサーリンク

マット(Matt)が高校時代に当たり前だと思っていた通学方法とは?

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

M A T T(@matt_kuwata_official)がシェアした投稿

マット(Matt)さんは高校生の時に、往復2万円をかけタクシー通学をしていました。

しかし先生に怒られてしまい、タクシー通学は入学してから始めの1週間の間だけとなってしまいました。

マットさんにとっては、タクシー通学も当たり前だと思っていた為、先生に怒られたときは少し驚いたご様子だったとか。

その驚きの理由とは…

マット(Matt)は電車は小田急線しかないと思っていた!

電車

なぜマットさんがタクシーを利用していたかと言うと、実はそれまで電車に乗ったことがなかったそうです。

これはマットさんの父親・桑田真澄さんをはじめ、家族のだれもが今まで一度も電車を利用したことがなかったので、乗り方が分からなかったのだとか。

そのため、

  • 世界に電車は小田急線しかない
  • そのため新宿駅までしか行けない

と本気で思っていたそうです…

子どもの頃からセレブ過ぎて、見えてる世界ちっちゃすぎやせんか!?

マット(Matt)が通っていた高校は?

高校時代

マットさんが通っていた高校は、堀越学園高等学校です。

堀越学園といえば、芸能人御用達!といった感じで、卒業生には数多くの有名人がいます。

<堀越学園高等学校出身の有名人>

綾瀬はるか、稲垣吾郎、岡田准一、永瀬正敏、安達祐実、三浦春馬、小池徹平など

マットは堀越学園の普通科に通っていた

マットさんは、2010年4月に入学し2013年3月に卒業されています。

堀越学園で芸能人が通うコースは、トレイトコースという芸能コースになるのですが、マットさんは普通科に通われていました。

ちなみに堀越学園高等学校でマットさんと同じ2013年卒業生の芸能人には、

川口春奈・清水富美加・須賀健太

がいます。

芸能科のトレイトコースと普通科では、同じ学校でも接点があまりないようなので、顔を合わせたりすることもあまりなかったかも知れませんね。

吹奏楽部だったマットはサックスを吹いており部活動に明け暮れていた

高校時代のマットさんは、あどけない少年っぽさが残っていますね。

現在とはだいぶ違うお顔立ちですが、目も大きくて十分かっこいいですよね。

今とはだいぶ違いますが、優しそうなお顔立ちですね~

マットさんが高校生の時には、吹奏楽部に在籍していました。

アルトサックスとソプラノサックスを吹き、3年生の時には吹奏楽部の部長に。

東京都高等学校吹奏楽部コンクールで、見事「金賞」を受賞したこともあります。

マットさんは幼い頃、桑田真澄さんがリハビリの為にはじめたピアノに興味を持ち、そこから音楽への興味が大きくなっていきました。

今では、ピアノ・サックスの他、ドラムやフルートまでオールラウンドに演奏することが出来るなんて凄いですね。

自宅から高校までおよそ片道一時間ほどの通学時間を電車で通うようになった

通勤通学

マットさんは、高校入学してから一週間ほどはタクシー通学をされていましたが、先生に注意をうけてからは電車で片道一時間ほどの距離を通学していたそうです。

朝は通勤ラッシュなどで混みあうので、一時間よりももっとかかっていたのだとか。

美意識が高いマットさんは、通勤電車は普通の人の倍以上苦痛だったのではないでしょうか…

↓↓こちらも合わせて読みたい↓↓

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました