生後2ヶ月お風呂デビュー♪便利だったものとずっと使えたアイテム

子育て

一ヶ月検診の頃には、へその緒もきれいにとれて乾いた状態になっているのでいよいよワクワクドキドキのお風呂デビュー。

沐浴の時と同じく、小さな赤ちゃんをお風呂に入れるのは緊張しますよね。

わたしは子どもが生後3ヶ月くらいまでは別々に入っていました。少しずつ便利グッズの助けをかりながら、赤ちゃんと自分が一緒に入ることが出来るように工夫したことなどをまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

赤ちゃんの身体をお風呂で洗う時に便利だったもの

お手軽No.1経済的なウレタンフォームのスポンジバスマット

こちらはウレタンのスポンジバスマットで、赤ちゃんの身体の形にくぼみが作られています。

手足をバタバタさせても動きが固定されるので、赤ちゃんをゴロンとこの上に寝せて両手で洗うことが出来ます。

腰をかがめることになるので少し疲れますが、手で支えなくてすむので助かります。

お値段も非常に経済的ですし、もしスポンジが破けたり劣化したらすぐに新しいものを購入できる手軽さは嬉しいですよね。

わたしも初めはこちらを購入し使用していたのですが、ひとつ難点がありました。

それは、大きなスポンジなので冬場はとても乾きづらいという事。

使用後にギューっと絞って水を切っておいてもなかなか完全に乾くことは少なく、少しヌメリが出てしまいました。

今はスポンジではなく発泡スチロールのような素材で、水はけも良くひんやりしないバスマットが売られていますので、そちらを購入されてもいいと思います。

リクライニング調節の出来るバスチェア

スポンジバスマットを使い続けていたのですが、水切りがよく出来ていなかったせいかヌメリが発生。そこで次に使用したのが、リクライニング調節のできるバスチェアでした。

正直に言うと、はじめからこちらを使っていれば良かった・・・と思うくらい重宝しました。ひとりで赤ちゃんをお風呂に安全に入れてあげるには非常に便利。

わたしの使っていたものは3段階のリクライニング調節が出来たので、まだねんね期の時には一番寝せた状態で使用し、成長に合わせて調節していくことが出来ました。

バスチェアの前方には、赤ちゃんが椅子から落ちないように手すりが設置されているので、ママが身体を洗っている間も赤ちゃんを安全に見守ることが出来ます。

赤ちゃんの身体を洗うときには前方の手すりを上げて全身を洗い、背中も手を入れて洗ってもチェアにストッパーのようなふくらみがあるので前方にずり落ちてしまうことはありませんでした。

それに水はけのよい滑り止めシートマットがついているので、スポンジのように前日の水分が残っていて冷たい!という事がなかったのも、とても使いやすいポイントのひとつ。

リクライニング調節も出来るし、マットには水はけを良くするために穴があいているので赤ちゃんの耳の中に水が入ってしまう心配もだいぶ軽減されました。

泡で出るタイプのベビーソープ

石鹸を泡立てる手間を省くことが出来るので、わたしはずっと泡タイプのベビーソープを使用。片手でもワンプッシュで出てくるのが嬉しいですよね。

ちなみに泡タイプのベビーソープを購入するときには、手で押す部分が大きい容器を選んでいました。ここが大きいとプッシュしやすく、容器が倒れにくいのでオススメです。

 

沐浴に使用したベビーバスはまだまだ使える!

お風呂から出した赤ちゃんの一時置き場所として利用

あらかじめ膨らませておいたビニールベビーバスの中にバスタオルを敷いておき、脱衣所に置いておきます。お風呂から出した後はこのベビーバスの中に一旦赤ちゃんを置き、バスタオルでよく身体を拭きます。

その間に自分の体を拭いたり、サッとパジャマに着替えたりする事が出来るので便利。

浴室に持ち込んでミニバスタブとして利用

歩けるようになってからは、このベビーバスを浴室内に持ち込んで自分が身体を洗っている間に入る子ども用ミニバスタブとして利用していました。

結構このミニバスタブとしての使い方がお気に入りで、普通の浴槽には入らずずっとベビーバスに入って遊んでいることも。

子どもが大きくなってからは、上靴を洗うバケツ代わりに

子どもが大きくなってくると、幼稚園や保育園に入り上靴を使いますよね。
そんな時にもベビーバスが大活躍。

特に兄弟が増えてくると、バケツの中に上靴が入りきらない!なんてことも。数もそれぞれの靴のサイズも大きくなってくると、溜め洗いをするのも大変ですよね。

バケツを買うのも検討したのですが、ベビーバスがまだあった事に気が付き使用してみたところ上靴が洗いやすい!

ある程度の大きさがあり、しかも空気を抜いたら収納場所にも困らないのが良いでオススメです。

まとめ

赤ちゃんをひとりでお風呂に入れることは、色々事前に準備することも多いですが便利グッズを頼って楽しいバスタイムに出来るといいですね。

はじめは大変でも徐々に慣れてくるとお子さんとのスキンシップにも余裕が出てくると思います。ぜひ親子水入らずの楽しい時間をお過ごし下さい。

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました