【新生児~生後一ヶ月】沐浴の手順と腰の負担を軽減するために工夫したこと

子育て

ひとりで赤ちゃんをお風呂に入れるのって大変ですよね。

あらかじめバスタオルを広げておいたり、着替えをすぐ着られるようにセットしておいたり。お風呂に入れている時は、赤ちゃんを落とさないようにしっかり手で支えながらもう片方の手で身体を洗ったり。

首がすわる前の赤ちゃんをお風呂に入れる時は、特に神経を使いますよね。わたしも初めて赤ちゃんを沐浴させた時は、ものすごく神経を使いました。

とくに私の場合は、抱っこのし過ぎで腱鞘炎になってしまったので、お風呂に入れるのが本当に大変で・・・。

その時にわたしが使っていた沐浴での便利グッズなどを紹介していきたいと思います。

まずは新生児~1ヶ月検診の時くらいまでのひとり沐浴の手順とに使用していたものをどうぞ!

スポンサーリンク

事前準備

この事前準備がとても大切。

これをしていないと、バタバタしてしまい結局沐浴させるのに余計な時間がかかってしまったという事態になってしまいます。

夏場ならまだいいのですが、冬季は身体が冷えやすいのでご注意を。しっかり準備してからの方が後々楽です。

赤ちゃんのお腹が空いている時や満腹時ではない時を狙いましょう。

そして、沐浴から出した後にすぐお着替えが出来るようにオムツと下着、洋服を重ねて広げておきます。身体を拭くためのタオルも手に取りやすい所に置いておきましょう。

わたしはハイローチェアを使用していたので、そこにタオルを敷いておくとなお便利です。

沐浴の時は空気を入れて膨らますビニール製のベビーバスをキッチンのシンクにはめ込み、そこに蛇口からお湯を入れて溜めておきました。

下着と洋服をセットする場所は、ダイニングテーブルの上。
そうすることで腰の負担を少しでも軽く出来きるのでおすすめです。
キッチンとダイニングテーブルは事前に片付けておきましょう。

沐浴布や身体を洗うためのガーゼ、ベビーソープなども準備。
沐浴が終わった時最後に飲ませる赤ちゃんの湯冷ましも用意しておくと安心です。

沐浴のとき

赤ちゃんの機嫌をみながら、服を脱がせて沐浴布をかけます。

別にもう1枚小さいガーゼを手に持たせてもいいと思います。何か手の中に握ることで赤ちゃんが安心してくれます。うちの場合は沐浴布を握らせていることが多かったです。

赤ちゃんの身体を洗う時は沐浴ネットが便利

キッチンのシンクに用意したベビーバスの中にそっと入れていきます。この時赤ちゃんがお湯の中で少し浮くので、逆に支えづらくなる事が多いように感じました。

そのため、沐浴ネットを利用していました。

沐浴ネットとは、ベビーバスにセットして使う赤ちゃんの身体を受け止めるネットです。これがあれば、万が一手を滑らせてしまっても安心。

抱っこで酷使した手首。ひとりで赤ちゃんをお湯の中に入れる負担を少しでも軽くしました。

背中を洗う時は身体を裏返して洗うのですが、その時にこのネットがあるのとないのではお世話のしやすさが全然違いますよ。

せっけんの泡を流すのに使うシャワーの温度に注意

わたしはシンクで沐浴させていたので、泡を洗い流すのに使うお湯は水道のシャワーをつかっていました。

このお湯の温度は出し始めは熱かったりぬるかったりするので注意です。

はじめに赤ちゃんの身体から遠いところでシャワーの温度を確かめ、それから泡を流していました。

ただこの一連の動作をひとりでするのが結構大変。

シャワーの調節を片手でするのに慣れるまでは手桶やペットボトルにお湯を入れておき、ひとりでも赤ちゃんの身体についた泡を流しやすいよう工夫しました。

お湯から出したあとにすること

事前に準備していたバスタオルを敷いたハイローチェアをキッチンに移動させておき、赤ちゃんを包みます。

そのままダイニングテーブルへ移動。

うちの子はお湯の中では泣いたりしないのですが、お湯から出す時に泣く事が多かったです。(もっと入っていたかったのかな。ちなみに今でもお風呂大好き、銭湯大好きっ子に育ちました。)

身体の水分をよく拭き取ってからお着替え。この時肌の乾燥を防ぐためにも、ベビー用の保湿クリームを塗ってあげるとよいでしょう。赤ちゃんのお肌はとても薄くてデリケートなので、大人用ではなくやはりベビー用の低刺激タイプを選んで下さいね。

沐浴が終わったら

いいお湯に浸かり、新しいオムツを清潔な下着を着せてもらって赤ちゃんもごきげん・・・なはず。

しかしすぐにのどが渇いたと泣き出してしまうことも。

こんな時のために、事前に準備していた湯冷ましをあげましょう。

なかなか寝ない我が子でしたが、沐浴のあとにミルクをあげるとトロンとしてくれる事が多かったです。

沐浴の時間帯はだいたい午前中の10時くらいから。その後ミルクをあげ、まったりたまにウトウト。ハイローチェアでゆらゆらさせると寝てくれました。

まとめ

ひとりで赤ちゃんのお世話をしなくてはいけないし、腱鞘炎にもなったのでとても便利だったのが沐浴ネット

そして、なかなか寝ない赤ちゃんを寝せるために買ったハイローチェアが沐浴の時にも大活躍でした。

赤ちゃんのお世話はオムツを替えたりするのに腰をかがめる姿勢が多くて痛めやすいのですが、ハイローチェアで寝せる位置を高くしたり沐浴をキッチンシンクの中を使うことにより腰の痛みを軽減することが出来ました。

ひとりで赤ちゃんのお世話をがんばっているママに、沐浴させる時の参考してもらえると嬉しいです。

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました