育児ストレスを吹っ飛ばす方法と考え方。子どもはママの笑顔が好き!

子育て

可愛い自分の子どもを育てていても、どうしても育児のストレスを感じてしまいますよね。

実家が遠方だったり旦那さんが頼れない方で、いわゆる「ワンオペ育児」をしている人向けに実際にわたしがしてきたストレス発散方法をご紹介。

ひとりでストレス発散する方法や子どもを預けて発散する方法など、振り返ってみると色々試していますね・・・

ここでは、敢えて子どもと一緒に発散する方法や自分なりにストレスを溜め込まない考え方をあげていきたいと思います。

スポンサーリンク

子どもと一緒に楽しむ編

写真を撮りまくる

かけがえのない今の時期は一生の宝物。

赤ちゃんの写真を撮りまくりましょう!

ここでのポイントは赤ちゃんの笑ってる顔だけじゃなくて、大泣きしたときに写真を撮ることも時には大切

自分の感情を客観的に見ることができ、感情的にならなずに救われることも。

手軽にスマホで写真を撮り貯めしてもいいし、赤ちゃんが産まれたことを期に一眼レフのカメラを購入する方も多いですよね。

子どもが成長してからも、入園式・運動会・発表会・卒園式などたくさんの思い出のシーンを撮ることが出来るのでおすすめです。

わたしも毎日の赤ちゃんの様子を撮りまくって、旦那さんにラインでしつこいぐらい送信。

特に自分のストレスがマックスになってくると、旦那さんにも育児の当事者意識を持ってほしくて写真や動画なども送っていました。

なにをしても大泣きしている赤ちゃんにほとほと疲れ切った時、この写真を送ってストレスを発散させる方法を思いつきました。

ちなみに子どもが大きくなってからこの時撮った自分が大泣きしている動画を見せたら、「泣いてるー!超かわいい!」と言っていました。

お笑いビデオを見てママの大笑いを見せる

ひとりで見るのではなく、子どもと一緒に見てママは思いっきり大笑いしてしまいましょう。

子どもが寝てる間にこっそり見て、起こさないようにこっそりと笑うのではないのです。ガハハ!と、もう大げさなくらい大笑いしてしまっていいのです。

ちなみにうちの子は赤ちゃんの時にこれをしたら、ポカーンとしてちょっとびっくりしてるようでした。そんなに普段笑ってなかったのかなと少し反省したりも。

赤ちゃんがお笑いのネタを理解することはまずないので、ママがガハハと大笑いを見せてリラックスしていると赤ちゃんも不思議と機嫌が良くなります。

ちなみにこれを頻繁にすると、子どもが少し大きくなった時お笑い芸人のモノマネ好きになること必至です。

一緒に好きなアーティストのミュージックビデオを見る

子どもと一緒に好きなアーティストの音楽を聞いたりミュージックビデオを見て、一緒に好きになってもらいましょう。

ママの好きなものに子どもは興味を惹かれることが多いですよね。

怖い感じのミュージックビデオではなければ一緒に見ても良いと思います。

将来親子でハモれるようになったりしたら楽しそうですね♪

子どもと一緒に習い事へ行く

わたしは子どもがまだ赤ちゃんの頃、ベビーダンスやベビーマッサージ、ベビーサイン教室などに通っていました。

そこで他のママさんとお話したりすることでストレス解消になるし、仲の良いママにも出会う事が出来ました。

こども英会話教室で育児英語を習うことがストレス解消に

少し大きくなってからはこども英会話教室へ。

そこでは育児に使えるママのための英会話も教えてくれたのです。

とっても明るくてポジティブな先生だった事もあり、こちらを通いはじめてからは毎日が少しづつ楽しくなりはじめました。ちなみに日本人のママ講師さん。

英語には昔から興味はあったのですが、全然話せるレベルとかではなくて。

ただ何故英会話教室に行ったことで育児ストレスを解消するのに役立ったのか、考えてみました。

その答えがこちら。

子どもに注意する時、英語で言おうとすると一旦頭で考えるので感情的にならないから。

感情的に英語で怒れるほど英語が話せなくてよかった・・・とポジティブに考えられるようなりましたよ。^^

考え方を解き放つ編

それでもどうしても心も身体も疲れてしまうときには、もういいママをやめて自分を大切にしましょう。

わたしも、もう我慢の限界だぁーーー!!!となってしまったときは、ミルクをあげたりオムツを交換する事など最低限以外ぜんぶ放ったらかし

旦那さんにもラインで「今日は一日なににもしないから」宣言をし、ふて寝。

レトルトや出前でOK!

赤ちゃんと一緒にゴロゴロOK!

 

~しなくては、みたいな考え方をやめる日をつくると心が軽くなりますよ。

まとめ

育児のストレスを解消する方法を色々あげてきましたが、いかがでしたでしょうか?

最後の考え方を解き放つ編は、日々がんばっているママ達にぜひ読んで頂けると嬉しいです。

なかなか思い通りにいかないことも多い子育て。ママが明るく楽しくいられるように、出来るだけ旦那さんや周りを巻き込んでしまいましょう。

一緒にがんばりましょうね!

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました