フリーザーパックで離乳食を冷凍保存~冷凍庫スペースの有効活用~

子育て

離乳食作りはペースト状にする作業があったり、
普通にお料理するよりももうひと手間かかりますよね。

大人の分から取り分けられるメニューの時は楽チンですが
赤ちゃんのペースに合わせて食事を作らないといけない時は
一回ごとに裏ごしなどしていたら大変。

そんなときは

ハンドブレンダーなどで一気に裏ごししたものを冷凍保存してしまいましょう。

冷凍保存の方法も色々ありますが、わたしはフリーザーパックでの保存が便利でした。
色々試行錯誤した中で、どうしてフリーザーパックを選んだのかを書いていきたいと思います。

離乳食の保存方法でお悩みのママも一緒に解決していきましょう!

スポンサーリンク

なぜ離乳食の冷凍保存にフリーザーパックを選んだのか

どうしてフリーザーパックを選んだのかというと
まず手軽であること。

衛生面も考えて使っていたので、使い終わったら洗ってから破棄していました。
わたしの自治体ではプラスチック製のゴミは
資源ごみとして回収しているので、そちらに分別。

あとはスペースを有効活用できた為です。
これについては次で説明していきますね。

冷凍庫の限られたスペースを有効活用出来る

フリーザーパックだとどうしてスペースを有効活用出来るのかと言うと
『立てて収納』が出来るからです。

冷凍庫内って、離乳食以外にも色々入れないといけないものがあったりして
案外置き場所を考えるのって大切なことだと思うのです。

その点、フリーザーパックは便利。
一気に作った離乳食をそれぞれパックの中に入れて、薄く袋のサイズに均等に伸ばします。
そして指先でフリーザーパックの上から何分割かに分けておきます
イメージとしては板チョコのように、凍ってからも折れやすい線を作っておきます。

薄く伸ばした状態で一旦冷凍。
完全に凍ったあとは、立てかけて省スペースで保存できます。

うちの離乳食期の冷凍庫内は、さながら事務所の引き出しのようでした。
フォルダを整理するように、冷凍した離乳食を立てて整理していました。

使う時はもちろん簡単!
使う分量だけパキパキ割って、器に入れレンジでチンするだけ。

冷凍保存しておく食材は、おかゆ・野菜・魚・お肉など
それぞれフリーザーパックで作り置き。

野菜は何種類かまとめてペースト状にしたものを
一つのパックに入れて保存しておくとさらに便利です。

昼間は赤ちゃんの分だけの食事を用意することが多かったので、
数種類の野菜が摂れるこの冷凍保存方法でかなり助かりました。

夜はなるべく家族と一緒のものが食べられるように
圧力鍋で煮込んだものをその時期の硬さに合わせて与えていたことが多かったです。

その時と状況に合わせて冷凍保存を上手に活用できるといいですね。

 

その他に試した離乳食冷凍保存方法

赤ちゃんの離乳食を冷凍保存する方保はたくさんあります。
フリーザーパックに落ち着くまでに色々試してみたので
折角ですからそちらもご紹介していきたいと思います。

製氷皿

100円ショップでも手に入れることが出来るので、非常に経済的。

私も一番始めに製氷皿を使って冷凍保存をしましたが、
取り出す時になかなか中身が取り出せなかったりする事が多く途中で断念。

何種類かの離乳食を冷凍保存するのに、製氷皿が何個も重なると
冷凍構内で結構場所をとられるのもあってやめました。

冷凍庫内でスペースがあって、氷の取り出し方が上手な方は
製氷皿をつかって保存するのがお財布にも優しいですし一番いいかも知れませんね。

ジップロックのコンテナ(蓋付きのプラスチック容器)

ジップロックの蓋付きプラスチック製容器の中に入れて冷凍保存。
これは離乳食を解凍して使う時にちょっと不便だと思うことが多く断念。

なにか不便だったかと言うと、量の調節がしづらかった事です。
ただこちらは初期の頃は不便だったのですが、
離乳食の中期~後期にかけて、ある程度形の残った野菜を保存するときには便利でした。

ただ、やはり場所をとるのでそれなりにスペースを確保することが必要。

ラップにくるんで冷凍保存

手軽・省スペース・経済的の三拍子揃ったラップで冷凍保存。

なのですが、わたしは直接ラップにくるんだ食材をそのまま解凍するのが何となく嫌だったので試した回数は少なかったです。

ペースト状のものを保存するにはこの方法だとちょっと難しいですが、
ある程度固形のものだったら大丈夫でしょう。

ただ、ジップロックで密封保存したもの比べると
若干水分が抜けてパサパサになり、あまり美味しそうには見えないため
この方法はやめました。

省スペースなのは嬉しいのですが・・・

ピジョン冷凍小分け用カップ50ml

ピジョンというメーカーから出ている離乳食作り応援グッズです。

プラスチック製の50ml小分け用カップ10個入りと
100ml小分け用パック8個入りの2種類があります。

繰り返し使えるので経済的。
そのままレンジで解凍して食べさせる事が出来るので便利です。

とても使いやすいのですが、私の場合たくさんの量をまとめて作るため
この容器に入りきらず断念。

容器を買い足せばよかったのかも知れませんが、もっと手軽で省スペースなものを求めていた為あまり使用しなくなりました。

ちなみにこちらを使用すると、使用する時に取り出すのはとっても簡単。
製氷皿から取り出す事を考えるととても簡単なので、あのギューっと容器を捻じ曲げるストレスがありません。

まとめ

離乳食の保存方法を色々試行錯誤してきましたが、初期には省スペースを一番に考えるとフリーザーパックをオススメします。
取り出す時も使う分量をパキパキ割って調節するだけですし。

それか冷凍庫内のスペースが確保出来るなら小分け用パックが便利でした。

中期~後期になるにつれてペースト状ではなくなってくるので、蓋付きのプラスチック製容器でもいいと思います。

ただよく考えると、離乳食期で一番大変な時期って初期の段階なんですよね。
よってペースト状の食材をいかに上手く冷凍保存できるかって事だと思うのです。

ですから、私は省スペースが大きな課題だったのでフリーザーパックを立てて収納することにしました。
整然とペースト状の食材が並んでいるのもなかなか気持ちいいものですよ。

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました